千葉県の介護施設様で働いている卒業生にインタビューをしました!

学ぶ姿勢、成長したいという気持ちが人一倍強い学生です。こちらの企業様では唯一のベトナム人、もっと言えば唯一の外国人ですが、日々向上心を持って前向きに働いています!

 特定技能外国人情報 

 ●企業様:千葉県にあるデイサービスを持つ企業様

 ●特定技能外国人数:1人

 ●特定技能外国人:ベトナム人 HANGさん(ハン)

真面目で向上心の高いHANGさん                      (ベトナム人女性/23歳)

利用者様と一緒に漫画を読むHANGさん

介護の仕事がしたかった理由

「私は技能実習生として5年間日本で生活したので文化や言葉にも慣れてきました。日本での仕事と生活で私は大きく成長したと感じます。今後日本で長く住みたいので別の分野にチャレンジしたいと思い、日本で重要性の高い介護について調べました。介護の仕事は人とお話してコミュニケーションを多くとることが重要なので最初はとても大変だと思いますが、私はもっと成長できるし他人を喜ばせることが出来るので良い仕事だと思います。」

実際に介護の仕事をしてみて

「社員の方も優しい方が多く、ベトナム人1人だけでも寂しい思いをせずに勤務することができています。仕事はちょっとずつ慣れてきて、毎日楽しいです。」

ベトナム人は1人ですが、一緒に働く職員の方に優しく迎え入れていただき、毎日充実した日々を送っているようです。

日本語学習に一番熱心なHANGさん

当校では、支援をさせていただいている卒業生に対して毎週月曜日・火曜日・土曜日に日本語教員(有資格者)による、個別日本語授業を実施しています。参加は強制ではありませんが、卒業生自身が予約をして参加する形になっています。

その日本語授業に、HANGさんは毎週必ず出席し毎回積極的に発言をしています!出席率は卒業生の中でもダントツです!

日本語教師からのフィードバック

「日本語をかなり流暢に話す方です。ユーモアを交えて話すなどの余裕もあり、いつも授業をリードしている存在です。授業終わりには、次の週の予約をするなど本当に日本語を上手になりたいという気持ちがとても伝わってくる学生です。」

継続して参加しているその成果も出て、授業を引っ張っていく存在になっています!

向上心は止まらない!

日本語授業に熱心に参加しているHANGさんから、先日お願いがありました。そのお願いは「卒業前に受けた介護の授業、もう一度受けさせてもらえませんか?」とのこと。

卒業後に、授業をもう一回受けたいという申し出は初めてでした。成長したい、出来ることを増やしたい、そんな向上心溢れる発言だと感じました。もちろん、授業への参加も快諾しました。

今後の目標

今後は、日本語検定2級の合格を目指しているようで日本語の勉強はずっと続けていきたい!と意気込んでいます。目標達成のために行動し続けるHANGさん、そんなに遠くない未来でこの目標を達成しているHANGさんの姿が目に浮かびます。

最後に

卒業した後も、「もっと日本語が上手になりたい」「もっと上のレベルの日本語検定に合格したい」「介護福祉士の試験に合格したい」など、HANGさんのように自分で目標を立てて一生懸命に勉強を続ける卒業生が多くいます。むしろ、仕事をする中でもっと日本語が上手になりたいと感じるタイミングが多いのかもしれません。そんな意欲溢れる卒業生の成長を、これからも私たちは応援し続けます。そして、こうして卒業生の成長を後押しすることが、企業様への貢献にもつながると信じています。

The following two tabs change content below.

大路菜々海

出身地:静岡県大学:神田外語大学 外国語学部大学時代、一年間休学しワーキングホリデービザでカナダのイエローナイフへ。オーロラのツアーガイドを経験し、異国の地で働く大変さを経験。同時に、いろんな価値観を持った海外の人たちと出会い、人生を変えてもらった。「国籍関係なく、自分がかかわる人を幸せにしたい」そんな気持ちを持って、前職ITコンサル業から転職を決意し、株式会社JJSに入社!