こんにちは。Japan Job School の松本です。

先日、ホテルの経営者様とお話する機会があり、こんなことを聞かれました。


『松本さん、いま世界中のホテルで嫌われてるのは、どこの国の人かわかります?』

わたしは、実際に体験したことはないのですが、列に並ばない、備品を持って帰るなどのよく噂を耳にするので、「中国人ですか?」と答えました。

正解は日本人だそうです。


理由は日本人は普段質の高いサービスを受け過ぎているため、それが当たり前に求めるサービスが高すぎるそうです。

私もそうですが、日本人の多くは電車が5分遅れたら少しイライラしてしまいます。しかし海外では30分くらい遅れるのもザラだと聞きます。(その分時間にルーズな人が多いですが、、、)

このお話を聞いて、当たり前のことを当たり前と思わず、常に感謝の気持ちを忘れないことが大切なんだな、と感じました。