こんにちわ。

Japan Job Schoolの鄭昌来 (チョンチャンレ)と申します。

少子化による労働人口の減少により、人手不足で倒産に追い込まれる企業も少なくありません。人手不足が深刻化する昨今、外国人労働者が新たな労働力として見直されています。また、政府では働き方改革を推進し、日本人の労働時間短縮を図るためにも、外国人労働者を国内に招き入れようという動きがあります。今後は一層、外国人労働者が主要な戦力となってくるでしょう。そこで今回は、すでに外国人労働者を戦力として活用している企業の成功事例があります。

人材不足の現状

現在、中小企業では人材不足が深刻な問題となっています。

人材不足を背景にした国内企業の倒産は、2018年1月から11月で362件に登り、過去最多を更新しました。

人材不足が深刻化している主な原因は、少子高齢化が進み労働人口が減少していることです。企業の採用活動は難航し、採用マーケットではここ数年「売り手市場」がトレンドとなっています。そのため、採用活動は構造的な変革を求められており、人材獲得競争は今後ますます加熱していくでしょう。

また、人手が足りなくなると一人当たりの業務量が増加します。負担が増えることに従業員が不満を抱いてしまうと離職につながる可能性もあります。

有能な人材が会社を離れていってしまえば、さらに人手不足が深刻化するという悪循環に陥ってしまうかもしれません。

人手不足を解消するには、足りなくなった人材を採用することが必要です。今後売り手市場が続いていく国内人材の獲得は競争が厳しく、貴重な人材を確保するのは一層難しくなっていくでしょう。

そこで、成功している企業は日本の内部だけではなく外部にも目を向け、外国人労働者を採用することで解決策を見出しています。

外国人労働者の雇用状況

ここで、平成25年から29年の外国人労働者の雇用状況をみてみましょう。

厚生労働省のデータによると、過去5年の10月現在では、外国人労働者を雇用している労働者の数も外国人労働者の数も年々増加しています。どちらの数もここ3年では、前年からの増加率が10%を超えています。

(厚生労働省:「外国人雇用状況」の届出状況表一覧(平成29年10月末現在)より作成)

国内労働人口は減少していますが、外国人労働者は増えています。ということは、市場が縮小してきている国内人材よりも、市場の拡大してきている外部人材の方が優秀な人材を獲得しやすいということです。

採用競合がまだ出てこないうちにどれだけ優秀な外国人労働者を確保できるかが、人材不足を解消するための鍵となるでしょう。

いち早く外国人労働者の採用に目をつけ、主要な戦力として活用している企業を紹介します。

外国人労働者を採用するに至った経緯、外国人労働者が働きやすい会社にするために行なっている工夫についてまとめてみました。 
<※HR Forceから引用>

本多機工株式会社

[工夫]

  • 外国人社員が必要だという雰囲気を社内で醸成し、受け入れ準備を行う
  • 合同説明会、就活フェア、マッチングアプリなどの様々な機会を活用し、自社が求める人物像をはっきりと伝える
  • 外国人社員が講師を務める英語教室を開催し、日本人社員と外国人社員の相互理解を深める
  • 外国人社員の母国での独立を支援し、現地パートナーとなってもらう

カシオ計算機株式会社

[工夫]

  • 入社後のキャリアプランがイメージしやすい職種別採用を実施
  • イスラム教徒である外国人労働者のためにお祈り部屋を設置するなど宗教に配慮
  • 「母国帰国休暇」を制度とし、外国人社員が有給を申請しやすい仕組みを創設
  • 外国人社員のためにビジネス日本語能力テストの受験料を補助し、円滑なコミュニケーションを促進

まとめ

当校は宿泊業様や建設、IT分野で学生の就職支援をしております。深刻な人材不足している日本の社会で外国人の文化を理解して配慮してくれる企業様へ優秀な人材が集まります。

外国人のスタッフがある企業様へご提案したいですが、
母国帰国休暇を制度はいかがでしょうか。外国人のスタッフも相当喜ぶと思います。日本で外国人社員が喜んで働いて、日本の社会に馴染むことでお互いに幸せになればよいと思います。

日本で就職したい方への無料相談も

韓国人で日本で就職したい方はビザを準備しても100%習得することはできません。

それでも、日本で就職したい方は無料相談をしますのでご連絡いただければ幸いです。

自分で出来ることなので自分一人でやりきることも出来ると思います。

自分一人で難しい方はまずは気軽に電話無料相談をしてください。

電話受付期間は9:00~19:00まで(平日のみ)

080-7412-1988

Japan Job School 鄭昌来 (チョンチャンレ)