こんにちわ。

Japan Job Schoolの鄭昌来と申します。

今回は韓国青年が日本で就職したインタビューをお話ししたいと思う。青年失業大乱である韓国を離れ求人難に苦しむ日本に就職する韓国人青年が増えている。日本の就職に成功した人々が積極的にインタビューに応じてくれたおかげで、具体的なアドバイスを聞くことができた。

アマゾンジャパン、日立造船、任天堂、オリックス…

求人難が深刻、日本であっても、大企業は、無風地帯だ。就業準備生がお互いに行きたいし、いつも入社願書が殺到打つ。このような日本の大企業に日本人と競争して堂々と入城した韓国人がいる。これらどのように狭く険しい日本の就職ドアを開けたのだろうか。日本の就職に成功した韓国人10人に秘訣を尋ねた。

 入社競争が激しい日本の大企業に日本人と競争して堂々と入城した韓国人たち。ギムテホン氏(オリックス)、ギムスミンさん(日立造船)、イ・ギョンフン氏(AKA)、チョン・ジンホ氏(one financial)。

▶ 日本の就職を決めたきっかけは
▷ スペックだけ見る競争社会韓国に絶望 “

まず気になった。言葉ソルゴ水線の日本企業になぜ就職したのか。日本が好きでというより厳しい競争と低賃金に苦しむ韓国の絶望してという答えが少なくなかった。

2015年オリックスに入社したギムテホンさん(32)は、「韓国に住んでたかった。しかし、厳しい経済事情の競争社会、スペックの要求、低賃金などを見て韓国の就職はそもそも放棄した」と淡々と話した。日本のジュガイ制約人事制度、労務チームに就職したギムギョンナム氏(26)とIT企業のミラーなの勤務中のユンジュンヨウン氏(32)も似たような意見である。 “スペックを重視する韓国とは異なり、日本は情熱と成長の可能性を見て採用するようだった。 「紙」ではなく「人」を見て判断する方式が気に入った。」(ギムギョンナム)「韓国に帰って就職する考えもあったが、友達の体験談を聞いてみると韓国の就職が多くの困難に見えた。 [完了]日本で通った大学は、1〜3年生の時に就職関連の必須教養があり、日本の就職関連情報がかなりあったのも助けになった。」(ユンジュンヨウン)

日立造船で勤務するギムスミンさん(26)は、日本経済の状況下での機会を捉えた事例だ。彼は、「海外に出てたいとは思ったが、最初から日本の就職が目的ではなかった。調べてみると、日本は少子高齢化で人材不足に苦しんでおり、海外進出を狙う日本企業の海外人材の需要も急増していたよ。機会が多いと判断して、日本の就職を決意した」と述べた。

  
▶どのように準備したか
▷スペックは「ノルク ‘…日本語・経験がより重要

知面百戦不敗。日本の就職に成功したこれらまず日本語を身につけた後、業界の従事者や就職フェアなどで日本企業の情報を調べることを勧める。

ユンジュンヨウン氏は軍除隊後、日本語学研修を通じて、日本語をマスターした。その後、日本の会社が開催するイベントに参加したり、短期インターンなどを経験し、業界従事者から志望する会社や業界の情報を収集した。外国人のための特別選考がない企業が多く、日本人と同じ選考に入社した。ユンジュンヨウン氏は「日本企業で普遍的に見て適性検査試験であるSPIを徹底的に調査した。 SPIは性格診断のほか、日本の社会人として必要な基本的な素養(言語、数学など)を頼むため、外国人である私には最も難しい部分だった。また、エンジニア志望なので、学生時代単独で、またはチームで進行していたプロジェクトのポートフォリオをまとめて書類・面接選考で利用した」と述べた。

去る4月、オリックスに入社したバクジェソプさん(26)は、外国語高校と外大で日本語と日本地域学を専攻し、日本交換学生も行ってきて、日本語は流暢だった。ための仕様ではなく、日本のビジネスマナーや志望企業についての情報収集、面接の練習に集中した。バクジェソプ氏は「就職スタディを別々にしなかった。日本語を書くとき韓国表現を修正するか、必ず尋ねる質問に対して「この会社では、どのように答えるか」を主に考えた “と耳打ちした。

ギムテホン氏は「地面にヘディング」して不屈の意志で成功した事例だ。高校卒業後3ヶ月アルバイトして貯めたお金で飛行機のチケットをやっと買って日本に行った。日本に住んでいる友人の家でお世話になり、語学学校を行き来アルバイトをした。その2年余りを苦学したら、軍入隊前EJU(日本留学試験)日本語の点数がほぼ満点に近いた。除隊後日本ワーキングホリデーを行ってき青山学院大学靭帯経営学科に入学した。学業優秀賞2回、表彰状1回を受けて優秀な成績で卒業した後、2015年4月オリックス入社に成功した。

就職の過程での仕様はほとんど影響を与えなかったことが、彼らの共通の伝言だ。

ギムテホン氏は「わざわざ就職のために準備したことは、特にない。スペックを積むよりはただの学校生活を熱心にして激しく山が功を奏した。大きくても小さくても学生時代の経験から何を学んだが、日本企業が気になるポイントだ。個人的には軍隊を行ってきたことが良い評価を受けた。つらい環境で精神力を涵養した経験は、普通の日本人にはない強みだ」と強調した。

ユンジュンヨウン氏の意見も似ている。彼は「韓国取りジュンセンは「オーバースペック」ではないかと思うほどスペックがおびただしい。私は日本で何をして過ごしたと思うほどだ。しかし、日本では、英語などの語学力を除いては、スペックが何の競争力を発揮していない。日本企業の人事担当官は、新入社員の潜在力と成長の可能性を見て選ぶと言う。スペックよりは日本とるジュンセンより優れた入射意志と情熱、積極性などをアピールするのがいいだろう。世界観やサービスを見る視点が、一般的な日本人と違う点も利点になることができる」と強調した。

ここらで気になる。日本の労働市場で「韓国人」であるという事実は、いくつかの評価を受けるだろうか。日本語のみ上達すれば「韓国人」も加点要因になることができるという答えが返ってきた。

外資系証券会社の日本法人A社に通うチェ・ビョンスさん(35)は、「日本の会社や日本に進出しているグローバル企業は、韓国人であるということ自体だけでも良い評価をしてくれる。会社のメンバーの多様性が確保されるからである。グローバル市場で事業を展開する企業は、多様な人材の確保がいかに重要であるほど実感している。英語などの外国語の実力も日本人より優れていると判断するようだ。文化的に韓国人は中国人よりも、日本社会にしみやすい部分がある」と伝えた。

積極的な態度もプラス要因である。 one financialに通うチョン・ジンホ氏(37)は、「東京で勤務する韓国人に会ってみると、ほとんど進歩的で新しい挑戦に気兼ねがなかったよ。母国を離れて何をやってみたいと思いをしてみこれらのだからなおさらだ。このような部分は、業務でもよく表れている。やや消極的な日本人より光を放つ部分である」と述べた。

 日本の就職に重要なのはスペックよりも、現地の情報である。日本の就職フェアで日本の就職に成功した先輩たちの生々しい話を聞いてみるのも方法である。

▶ 日本の就職の長所と短所は
▷ 私生活を尊重「グッド」、硬直性は残念がっ

短くは2ヶ月で長くは10年近く日本企業に通っている人の満足度は高い。概して欠点より利点が多いと口をそろえる。特に勤務利便性や私生活を尊重に対する満足度が高い。

任天堂に勤務中のゴンヨウンソクさん(37)は、「会社ごとに差はあるだろうが勤務者利便を優先的に考えてくれる。育児休職はもちろん残業時間の規定も毎年厳しくなっている。勤務者を配慮する社会認識が韓国より高いと思う」と語った。

アマゾンジャパンに勤務するジュヒョンジュンさん(29)は、「考えとは異なり、柔軟な組織文化が印象深かった。新入社員も顔色を見ずに、本人の意見を堂々と言うことができる職場環境が造成されている。主人意識が透徹して「すべてのリーダー」という雰囲気があるからだ」と語った。

チェ・ビョンス氏は、「日本社会は韓国よりプライバシーと個人情報が保護される。基本的には「結婚はいつするか」「子はいつ産むか」「子はどの学校(塾、幼稚園)送信か」「家族は何なのか」などの質問はしない。会社や上司性向によって偏差が、概ね飲み会や飲み会があまりなくても参加出版物は少ない。さらに名刺に携帯電話の番号がなく、あっても法人携帯電話番号である。したがって、顧客、上司に仕事の時間外の電話やメッセージを受信ことはない」と伝えた。

もちろん欠点も少なくない。会社生活ではなく、日本文化から来る違和感を吐露する声が高い。原則を重視してみると、韓国に比べて変化が遅く、柔軟性が低下する文化が代表的である。

チェ・ビョンス氏は「日本はとても保守的な社会だ。出入国事務所、区役所役場、税務署、警察署、銀行などを利用するときや、携帯電話を開通しよう見ると、韓国人のほとんどは、多大なストレスを受ける。速度や柔軟性が落ちて窮屈せめて癇癪がこみ上げ上がる時も多い。人件費が高いみる育児や家事ヘルパーを雇うことが難しい点も惜しい」と伝えた。米国系スタートアップAKA​​社に勤務するイ・ギョンフン氏(33)は、「韓国より個人主義文化が強いみる相互間の粘着性がある絆は不足しているようだ」と話した。

バクジェソプ氏は、「ここは外国である。結局は異邦人であることを覚悟しなければならない。文化の違いはもちろん、日本人には常識的なことも、私たちは知らないことが多く、毎回教えてもらっている。みんな親切ため、常に配慮してくれるが、その分親しくなるには時間がかかることがあります。これを勘案して、まず近付こうと絶えず努力しなければならない」と助言した。

ただし、いくつかの事例だけで日本企業を一般化して考えるのは危険であるとの指摘もある。チョン・ジンホ氏は、「会社ごとに企業文化やレベルが千差万別である。ため、日本企業は「おおむねこうだ」と言うがとても難しい。その会社が持っている文化や方向性を体験してみ本人と比較して合計を合わせていく作業が必要である」と述べた。<NAVER BLOG引用>

韓国と日本の文化が相違しますのでそれを乗り越えて行くことが重要です。韓国が嫌だから来るより自分で目標意識をはっきり決めて就職しましよう。

28946979 – diverse multiethnic people with different jobs

日本で就職したい方への無料相談も

韓国人で日本で就職したい方はビザを準備しても100%習得することはできません。

それでも、日本で就職したい方は無料相談をしますのでご連絡いただければ幸いです。

自分で出来ることなので自分一人でやりきることも出来ると思います。

自分一人で難しい方はまずは気軽に電話無料相談をしてください。

電話受付期間は9:00~19:00まで(平日のみ)

080-7412-1988

Japan Job School 鄭昌来 (チョンチャンレ)