こんにちは。Japan Job Schoolの宮田です。

最近面接に行った生徒が不合格になってしまいました。理由は日本語能力の低さ。ですが、その企業は日本語能力検定などにはこだわりはありません。ではなにがよくなかったのか?

それについて今回はお話をしていきたいと思います。

日本語力はどこまで必要か

ホテルばかりが高い日本語能力がわけではありません。

企業が求めている日本語力は決して高いものばかりではないように思います。

問題は自分がどうしてこの仕事をしたいのかという意識と、言葉を理解することができる能力。

むしろ大型の機械を扱う工場、工事現場などの方が、人のけが、あるいは命にかかわることがある分だけ、より日本語の理解力の高さを必要としているように思えます。

またそれはどれだけ日本で本気で働きたいのかのバロメーターであるようにも思えるのです。

ではどれだけの企業が日本語能力を重視しているのでしょうか?

今まで外国人採用を行っ他企業に日本語能力のどちらを重視しているかを聞いてみました。

(本当ならこの後にアンケート、またはインタビューを入れたいと思います)

ウソのやる気は担当者にバレバレ

日本語はわからないから体力仕事なら大丈夫だ。

疲れる仕事はいやだから接客の仕事にしよう

ビザさえもらえりゃどんな仕事でもイイや。

そう考えている留学生も決して少なくはないように思います。

しかし面接担当者はすべてお見通しです。

面接担当が聞きたいのはこの会社でガンバル、ダイジョウブ…よりも勤務した先にヴィジョンをもっているかということ。そこに尽きると思います。目標の仕事に就くためならば、本当に必要なものはなにか。

それを伝えていくことも私たちの仕事に大切なことなのだろう…そして人手が欲しいという企業にとってもビジョンがない留学生は不要。これからの法改正で、資格を持って、日本語を学習して日本で働くことを希望する人たちと競わなければならない彼らにも自覚をもって面接に挑んでいただきたいと思うのです。

この記事書いた人
宮田 講師
元タイ語学校の先生。前の会社の人間も見ているらしいので問題です。優しさモットーで教えてます!

Japan Job School(ジャパンジョブスクール) お問い合わせ – Japan Job School for corporate [contact-form-7 id=(112 kB) https://corp-japanjobschool.com/wp-content/themes/japanjobschool/picnic.jpg