韓国の雇用状況と現状

失業者200万人に迫る、ちょうど休んだ。失業者統計ではない「休んだ人口200万人に迫る」 

働く能力はあるが、「ただ休む」は「人口が今年第1四半期の関連統計の集計後に最大値を記録した。 9日、統計庁によると、今年第1四半期の非経済活動人口のうち「休んだ」人口は昨年同期間より10万7千人増えた195万1000人で、200万人に迫った。 これは休んだ人口を集計し始めた2003年以降で最も多くのもので、190万人をめくりのは今回が初めてだ。傾向的な高齢化に加えて、最近臨時・日雇いが多く減り、高齢者の雇用の増加に鈍化した点が影響を及ぼしたものと分析される。 「休んだ人口は働く能力があるが、具体的な理由なしに漠然と休んたく働かない人を意味する。これらの経済活動人口に含まれていないため、統計上の失業者にも分類されない。

 就職するのは難しい。特に青年たちが就職に大きな困難を抱えている。大企業就職を目指す就職準備生は100回以上落ちることも通常である。語学スコア、各種資格等の仕様は、基本である。集まって就業スタディもある。それでも落ちる。

統計庁によると、昨年、韓国の失業率は3.7%、青年失業率(15歳〜29歳)は、9.8%を記録した。ところが、今年に入って状況はさらに悪くなった。 4月全体の失業率は4.1%、青年失業率は10.7%と集計された。青年たちはもちろん、全国民が仕事救う戦争を繰り広げている。

アメリカと日本は違う雇用状況

主要な貿易相手国である米国と日本は全く違う状況だ。経済規模が10倍大きい米国は失業率が18年の間に最も低い3.8%、経済規模が3.5倍大きい隣国の日本はこれより低い2.5%を記録した。両国の企業が人々を救うために戦争を繰り広げる求人戦争をしている。職人ではなく、外国人さえ輸入して使わなければならないほど、両国の経済はうまくいって雇用市場も活況を見せている。雇用戦争で韓国は二先進国とは比較にならないみすぼらしい実績を見せている。新興国の中でよくいくという韓国は仕事三国志世界の超大国、米国と日本に完敗した形だ。

界最大の経済大国である米国は、現在の完全雇用の状態との評価を得る。これは求職者より雇用創出による求人が洪水を成しているからであることは言う必要がない。米国労働省によると、4月の求人は670万個で、18年ぶりに最高値を示した。米国の金融市場の専門媒体は、過去の求人1個当たりの失業者6人の割合だったが、今は求人1個あたりの失業者は1人に過ぎないと言いながら、失業率が1960年代以降目撃していないレベルまで下がることができると診断した。

日本にそれほど仕事が豊富である証拠だ。同日、厚生労働省が発表した4月の有効求人倍率は前月と同じ1.59を記録した。求職者に比べ求人の割合を指す有効求人倍率は、数値が高いほど、仕事が多いことを意味する。

つまり求職者1人が1.59の雇用を求めることができるという意味である。 雇用の先行指標である新規求人倍率は前月より0.04ポイント落ちた2.37を示した。

業種別にみると、▲製造業9.5%増▲教育・学習指導アップ6.6%増加▲医療・福祉5.9%増加▲建設業5.4%増加した。一方、宿泊業・飲食サービス業は2.1%下落した。製造業が求人をリードしている状況である。

日本で就職したいなら Japan Job Schoolへ

国の経済状況により、韓国では日本に就職するのがブームになっております。

日本で就職したい韓国人は当校へ来て相談してください。

就職からビザまで外国人に対してたくさん実績があります。

当校では韓国語で話せる先生がいますので気軽に相談してください。

Japan Job School

鄭昌来(チョンチャンレ)

TEL:050-5243-1879

MOBILE: 080-7412-1988

MAIL: jungcorp-jjs.com

WEB: https://www.japanjobschool.com/