こんにちわ。

Japan Job Schoolの鄭昌来 (チョンチャンレ)と申します。

日本で外国人労働者数が100万人を突破

厚生労働省の「外国人雇用状況」の届出状況 では、2016年10月時点で、外国人労働者数は1,083,769人となり、はじめて100万人を突破したとのことです。また、4年連続で過去最高を更新しています。(2017年10月末時点では約128万人。)

そして、2017年10月時点の国籍別の割合で上位の国を見ると、

  • 中国:372,263人(29.1%)
  • ベトナム:240,259人(18.8%)
  • フィリピン:146,798人(11.5%)
  • ブラジル:117,299人(9.2%)
  • ネパール:69,111人(5.4%)

上記のようになっており、中国が全体の29.1%と最も多くを占めています。

その次にベトナム、フィリピン、ブラジル、ネパールと続きます。全体的に見て、近隣である東南アジアの国が多い印象です。

また、ベトナム人の雇用が24万人と急速に伸びており、その背景にはベトナム人の多くが勤勉であるということが挙げられます。

※参照:厚生労働省/「外国人雇用状況」の届出状況まとめ【本文】(平成29年10月末現在)

ベトナム人の雇用が急速に伸びるは日本人と似ている!

ベトナム人の国民性ですが、これが意外と日本人と似ているようです。

例を挙げてみますと、日本字と顔が似ている、勤勉さや謙虚さがある、ものづくりや計算など細かい作業には適性がある方が多いと言われており、これが後述する高い技術力にも繋がっていきます。

ベトナム人に多く見られるとされる真面目で手先の器用であるという特性から、工場のライン作業などにも適性があると言えます。外国人採用というカテゴリの中でベトナム人を位置づけようとする場合、観光などのインバウンド対応要員というよりかはエンジニア・技術系職種として採用されることが多いようです。

ベトナムでは日本語ブーム

ベトナム大使館によれば、ベトナムでは約4万6千人が日本語を学んでいるとされています。なお初等教育段階での日本語教育の導入は東南アジアで初めてとのことです。

「ベトナム人日本語」の画像検索結果

最後

日本で働くベトナム人は今後も増加すると思います。その根拠としては以下のとおりであります。

<引用-Wikidepia>

2017年5月時点での在日ベトナム人留学生は61,671人で、在日留学生総数の23.1%を占めており、留学生の国・地域別では中国(107,260人、40.2%)に次いで第二位となっている

2009年の在日ベトナム人留学生数は3,199人で、前年比11.3%増、国・地域別では中国、韓国台湾に次いで第4位の座を占めているに過ぎなかった。2009年12月の日本語能力試験受験者数は15,455人で前年比12%増。その後、在日ベトナム人留学生は3,597人(2010年)、4,033人(2011年)、4,373人(2012年)と増加の一途をたどる。

日本で仕事をしたい夢をもって頑張る人をJapan Job Schoolはサーポトします。

ご不明な点がありましたら、いつでも問い合わせしてくださいませ。

日本で就職したい方への無料相談も

韓国人で日本で就職したい方はビザを準備しても100%習得することはできません。

それでも、日本で就職したい方は無料相談をしますのでご連絡いただければ幸いです。

自分一人で難しい方はまずは気軽に電話無料相談をしてください。

電話受付期間は10:00~19:30まで(平日のみ)

03-5944-5860

MAIL: jungcorp-jjs.com

WEB: https://www.japanjobschool.com/